2014年7月31日木曜日

中華アンプ比較♪S.M.S.L社製SA-36A,SA-36A pro,SA-98E




アンプ3機種の感想♪

全部中国のS.M.S.L社製。
通称中華デジアンて呼ばれでらけど、トランジスタどがば集積回路化しただげで、実際はデジアンでねんでねぇが?

まんず、全部回路がシンプルで、余計なのがくっついでねぇすけ、効率的だし、音は脚色無しの方向性。
皆燃費良い♪(普通の音量で10W、MAX30W程度)

上がら
<SA-36A>相場3,000円〜4,000円程度
これは初めで買った奴だけど、今でも音質は一番好み♪
全域繊細さがあって、フラットでクリアで雑味無し。
逆に言えば、暖が味がねぇ。
どんでまり、正確にそのまんまの音ば出す感じ。

<SA-36A pro>相場3,500円程度
最近出だ新型で、ICが違うメーカーのさ変わって、回路も全然違う。
音も全然違って、低音、高音が若干強めで、雑な感じ。
スイッチ入れだどぎ、スピーカーがボツッ!って鳴る・・・
はっきり言って、期待はずれ。

だけど、その辺のコンポのアンプよりはマシがも?
電源の入力範囲がDC12V〜24Vだすけ、ソーラーのバッテリーがら直結するには調子良い・・・けど・・・

<SA-98E>相場8,000円程度
最大出力160Wなんだけど、思ったより音量出ねぇ。
上の2機種よりは音量出る。

上の2機種よりホワイトノイズが多い。
全域もわっとした雰囲気の音。
良ぐ言えば暖が味がある。
嫌な音ではねぇんだけど、くっきりした方が好ぎだなぁ。




ソーラー音響だすけ♪では出力重視でSA-98Eば採用してらけど、LIVEでは部屋で聞ぐより違和感無ぐ、普通にいい感じ♪
自分の部屋ではSA-36Aで充分な音量だし、好ぎな音質で愉しんでら♪

ソーラー音響の方は、モニターさSA-36A、メインはチャンデバ経由で低音はSA-98E,中高音はSA-36Aで行ぐ予定♪






コメントを投稿